ipsコスメティックスで年齢が出るエイジングサインをスッキリとケア

鏡を見て、年齢を感じてなんだかがっかりしてしまったという
方が増えています。

年齢を重ねるほど、肌はくすみがちになり、ハリも失って
いってしまいます。

これは肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチン、さらには肌の
ターンオーバーが乱れることによって角質が荒れてしまうなど、
加齢が原因でおこるさまざまな現象が肌トラブルを引き起こ
しているのです。

こうしたエイジングサインをケアしてくれるのが
ipsコスメティックスです。

ipsコスメティックスは洗顔とエッセンスというシンプルな
2ステップのスキンケアで肌のトラブルを解消する働きがある、
天然成分配合のコスメです。

ipsコスメティックスには余分な合成添加物が一切入っていません。
肌の奥から潤いを与えて、肌にハリを持たせて若々しい印象を
与えてくれるのです。

スキンケアアイテムは昼間と夜に分かれて2種類のエッセンスを
使い分けます。

昼間は紫外線や大気の乾燥に負けない肌を守る働きをする
エッセンスでエイジングサインの解消をします。

化粧品に含まれる添加物の種類と肌への影響

添加物が入っている化粧品は肌にとって負担になります。
化粧品に配合されている添加物には様々な種類がありますが合成界面活性剤や鉱物油、合成ポリマーは特に注意が必要です。

合成界面活性剤は油と水を混ぜて溶かす性質があり、肌にとって大切な角質細胞間脂質を溶かしてしまいます。
バリア機能を担っている皮膚常在菌も一掃されるので、活性酸素などの悪影響を受け易くなります。
活性酸素はシミやシワ、肌荒れの原因になります。

鉱物油は石油から精製した油で価格が安いのでよく化粧品に使われますが、肌に対する刺激が強いものもあります。
合成ポリマーは皮膚を密閉し皮膚常在菌にとって悪い環境を作り出します。
水に溶かすとクリーム状の液体になり、乳化剤や油を使わなくてもクリームや乳液を作ることができるため様々な化粧品に使われています。

皮膚に張り付くため落とすときには洗浄力の強い洗浄剤が必要です。
強力なクレンジングを使うと、肌の乾燥が悪化することがあります。
添加物が多いほど、肌にかかる負担は大きくなります。
エイジングケアを考えている場合は、できるだけ肌に悪い合成添加物が配合されていないエイジングケア化粧品を選ぶことが重要になります。